SNSは逢うツールとして最適なのか?

SNSを利用して異性を探すのは適切な方法!?

男女が出会う場面として、SNSや掲示板などのネット上で知り合ってある程度仲良くなってからリアルで会う、という形式が増えて久しくなっています。

 

ネット上と一口に言ってもそれは一般的な全年齢対象のSNSだったり、成人しか登録できないような出会いサイトだったり形式は様々です。
そこで、数ある中でもメジャーなSNSと出会い系サイトについて、どちらが男女の出会いに相応しいのか考えてみました。

 

結論として、

 

出会いサイトの方が出会いに関してはとても有利だと言えます!

 

なぜならまず、出会い系サイトは完全に男女の出会いに特化しているサービスだからです。

 

 

ここが、SNSと出会いサイトとの最大の相違点です。

 

 

出会い系サイトに登録すると、住んでいる地域や年齢など基本的なプロフィールを登録する事になります。

 

更に顔写真を設定することが強く推奨されていたり、自分の大まかな体型だったり求める相手像を記入する欄がある場合があります。

 

これらは全年齢対応のSNSにはない特徴と言えるでしょう。
相手も出会うことを前提として登録をしているので、そういった流れになってからの進展がとてもスムーズです。

 

それに、出会いと言っても求めるお付き合いの形態はセフレ、援助交際、真剣な恋人と色々ありますよね。
その点も、事前に確認して合意の上で関係に発展させることができます。

 

そういった意味で、好みの人とマッチングする確率は高いと言えるでしょう。

 

SNSは基本的にオフで会うことには特化していないので、全て自分の力で探す必要があります。

 

 

割り切りやアダルト掲示板でも真価を発揮

 

肉体関係が前提となっているので、数いる登録者の中からまず相手を顔から選んでふるいにかけられるわけです。
好みの人がいたら遠慮なくメールを送って、気兼ねなく実際に会う約束をすることができます。

 

 

プロフィールを始めに詳細に入力していれば登録者の具体像が浮かび上がってきますので、

 

そこでメールを続けて仲良くなってもいいか、それ以上に会ってもいいか決められます。

 

出会いサイトならアダルトな写真を相手に送ったり公開しても、誰も咎めることはしません。
アルバム機能を持つ出会い系サイトもあります。

 

ですのでそういう場合は顔だけでなく身体の写真も何点か公開しておくと、より異性と会える確率が高まるのです。

 

 

SNSは身近な人のコミュニケーションが主体

SNSは出会いよりも身内の付き合いだったり趣味の集いを重視している人が多いということが挙げられます。

 

SNSは今や身近な存在ですが、完全に出会いを目的として利用しているユーザーはそこまで多くないのではないでしょうか。

 

健全なSNSの運営は、そのサイトを出会い系のように使われることに対してとても強い危機感を持っています。

 

ですので、少しでも出会いやアダルトを匂わせる投稿は削除でしたり、注意をされたりするのです。

 

削除が確認されているSNSとしては、グリーやモバゲーが確認されています。
この2つは、ゲームとしても有名で、仮にアカウント停止しになるとゲームまでプレーできなくなるという悪夢が待っています。

 

仮にやりこんでいるゲームや大量に課金したゲームも出来なくなる可能性がつきます。

 

ゲーマにとっては死活問題です!!

 

SNSは、仲良くなった近くの人と会ったりすることは偶発的にはあるかもしれません。

 

しかし、それにしても時間がかかることは確かです。
出会うまでに負うリスク、労力は出会い系サイトに比較して多いということを念頭に置く必要があります。

 

 

以上のことをまとめてみます。

 

SNSとワクワクメールの違い

 

SNS

 

・ネット上での交流を重視しており、出会いの斡旋が目的ではない。
・利用自体は無料。
・一部のSNSは、アカウントの凍結するリスクがあり、ゲームなどの別の目的も持っていた場合死活問題
・出会いを目的として登録している人が少ないため、効率は悪い。また、迷惑行為と通報される可能性もあり。

 

出会いサイト

 

・コミュニケーションは出会うまでのきっかけ作りで、異性と知り合うのが目的。
・一部を除き有料。
・お互いが会いたいという要望があるため、効率性が高い。
・サイトのコンテンツが出会いに特化しているため、恋人、セフレを作りやすい。