ワクワクメールと詐称

年齢や職業など詐称してもばれないのか?

出会いサイトで効率的に出会うためには、多少の詐称が必要な場合があります。
詐称する内容としては、学歴、職種、年齢、身長などでしょう。
写真を別人にしたり加工したりするのも詐称に入ります。
中には、出会ってからもばれにくいものもありますが、すぐにばれてしまうものもあります。

 

ばれやすい詐称とばれにくい詐称をうまく使い分け、よい出会いを手に入れましょう!

 

■すぐにばれてしまう詐称とは

 

すぐにばれてしまうのは、会って一目でわかる外見です。
女性の食いつきをよくするために、写真を格好良く加工したり、別人のものを使ってしまうと、出会ったときに一瞬でばれてしまいます。
会ったときの女性のがっかり感が大きいので、あまりメリットがないかもしれません。
待ち合わせるところまでこぎつけても、すぐに帰られてしまったら元も子もありませんよね。
せいぜい、自分の中で最高に写りがよい写真を使う程度にとどめておくのがよいでしょう。

 

また、身長を詐称してもすぐにばれてしまいます。
数cm程度であれば、底の厚い靴で誤魔化せるかもしれません。
でも靴を脱ぐ場面があれば「あれ、思ったより小さい?」と思われてしまうでしょう。
10cm以上サバを読むのは控えておいた方が懸命です。
身長は気にしないという女性も多いので、わざわざ嘘をつく必要はないかもしれません。

 

ただ、

 

ネトナンのプロは出会うまでが勝負

 

という考えがあります。
実際自分のスペックを少し背伸びさせるだけでも、出会える率って格段にアップします。
これは女性側にも同じことが言えますし、私も写真は何度も取り直している最高の画像なので、多少は許される風習があります。

 

■なかなかばれない詐称とは

 

これは、学歴や肩書き、年収などです。
学歴に関しては、積極的に調べない限りは絶対にわかりません。
かなり親密になってお互いの友達を紹介しあったり、家に行って卒業アルバムを見たりしない限りはばれないでしょう。
ただし、Facebookなどで繋がってしまうと、そこからばれてしまう可能性があります。

 

職業や肩書きも、比較的ばれにくいでしょう。

 

最近では、詐称するために有名企業の名刺を自分で作ってしまうような猛者もいます。

 

職業で嘘をついたのなら、ばれないようにそれくらいのことをする必要があるかもしれません。

 

ただし、女性の方に、その職業の知り合いがいたりするとアウトです。

 

また、その職業についての知識がある程度ないと、話している内容からボロが出てばれてしまうことになりかねません。
専門職は特に知識が必要ですので、詐称するなら自分の職種に近いジャンルか、一般的な職種にしておきましょう。

 

年収も、よっぽど仲が深くならなければばれることはありません。

 

夫婦でもお互いの年収を知らないという人がいるくらいです。

 

ただし、見栄を張って年収を高くサバ読んでも大変なだけです。

 

実際に女性とデートするとなると、高級レストランにばかり行くことになって支払いも全部しなければならなくなり、結局は自分の首を絞めることになるかもしれません。
サバを読むにしても、平均よりも少しだけ高いくらいにしておいた方がいいでしょう。

 

このように、詐称してもばれにくい項目はたくさんあります。

 

ただし、どれもデートの回数が増えれば増えるほどばれるリスクが高くなります。

 

会話の内容でも、嘘をついていると矛盾が出てきて女性に不信感を抱かせる可能性が出てきます。
最初は世間話程度の会話しかしなくても、何度も会っているうちにお互いのパーソナルな部分について話すことが多くなります。

 

仲良くなることで、お互いのことをもっと知りたいという欲求が出てきます。

 

そこでいろいろ聞かれたときに、答えにおかしい部分が出てくると、女性は嘘をつかれていたことにショックを受けるでしょう。

 

詐称するなら、徹底的にやる覚悟があります。
絶対にばれないように入念に下調べをする必要がありますし、演技力も必要になってきます。

 

一度や二度会うだけなら、学歴や肩書きの詐称は問題ないかもしれません。
でも、何度も会いたいと思える女性と出会えたら、ボロが出る前に自分から白状してしまう方がいいかもしれませんよ.。