ワクワクメールで勘違いしやすい事

男性にありがちな勘違いしやすい文章の書き方と改善方法

ワクワクメールに書いてある男性のほとんどの内容については、どれもが似たり寄ったりだったりもしくは奇抜な発想の文章が多くて逆に女性からして引いてしまうような文章たくさん見受けられます。
そういった中で自分が目立つ文章書きたいがどうすればでいいか悩む人も多いかと思いますが、目立つ奇抜な文章は逆効果になりやすく、特に初心者は注意が必要です。
(今回の記事は、アピールする事が苦手な人に向けた記事となります)

 

勘違いアピールをする男性が多い

これは私の実体験に基づいていることなのですが、文章は上手に書くよりも少し下手にかく方が相手の心に突き刺さるようです。
女性はどちらかというとガツガツ求めてくるものではありません。
男性は自分をとかくアピールして女性を引きつけようとしますが、中途半端なアピールは、それはかえって女性の気持ちをなえさせてしまうことになるのです。

 

女性のプロフィールや書き込みの内容を理解して考える事が大切

 1番大事なのは女性がなぜワクワクメールに登録したりそこで出会いを求めるかということを意識しなければなりません。
いちばん大切なのは、その部分を理解する事です。
つまり、話し相手がいたり、自分の内面を聞いてくれる人が周りにいた場合はわざわざ出会いサイトに登録しません。
 自分は文章書くのはすごく苦手だけれども、悩める女性の話はきちんと聞いてあげて、完璧な答えはできないかもしれないけれど、異性の立場からしっかりと答えを出すように努力するようというを明確に示すべきだと思います。
 「仕事場の帰り道、ふと見ると夕焼けがきれいだなと思った瞬間涙を流してしまうということってありませんか。そのときやっぱり寂しいですよね」みたいな文章書くと、これに共感した女性はも必ずあなたに連絡してくるはずです。
 これ勘違いしてはいけないのは、こういう文章書けば女性がひっかかってくるということ意識して書いてはいけないということです。
本当に女性の悩みを聞いてあげて一緒に答えを導いてあげるという気持ちがないと初心者には、出会うのが困難だと思います。
 今書いたような具体例を用いて出会い系サイトに書いてみたらわかると思いますが、あまり目立たない文章にもかかわらず他の人は絶対に書かないような文書だと思うのですごく目立ちます。すると思ってる以上に女性からアプローチがあると思います。

 

出会えない人ほど、優しいアピールをする

 ここで注意点としては、よく男の人は自分が優しいということをアピールする人がいますが、それは逆効果だと思います。
やさしいかどうかは出会ってから女性が決めることであって自分自身が決めることではありません。
そういったことを必死になってアピールすることは逆に痛い存在になります。
だからむしろ出会い系サイトに目指したい文章を書きたいときは、優しさアピールをあえて封印するほうがいいと思います。
かといって女性に冷たい態度になるような文章にするのはタブーです。それはもってのほかです。
 自分の不器用だけれどもあなたとこれぐらい共通した考え方を持っているんだよというような方が望ましいです。
デートに行くなら食堂とかどう?とか、スイーツ食べ過ぎて気分悪くなりすぎてしまった自分がなんだかとても悲しい、僕とそういう同じ気持ちになったしないかなぁ?など相手に重くならないような同意を求めたり、自分の欠点をちょっとさらけ出してするような書き方をすると女性は母性本能があるせいか引き込まれているようです。

 

 私は自分の自己表現が苦手だった時期はこの方法でたくさんの女性と出会うことができました。
そしてこういうところで出会う女性はやはり自分の文章に同感してくれたのもあるのでしょうが、すごくフィーリングが合う方が多かったです。
どうせ出会うなら自分にとって気の合う女性がいいと思いませんか。私はいつもそう思い文章を書くことにしています。