ワクワクメールで出会えないワケ

出会えない理由を学び、出会いを量産しよう

男性が、出会い系サイトで実際に女性と出会える確率は低いというのが一般的なセオリーのようです。
はぐらかされるだけはぐらかされて、こちらは通信費ばかりつぎ込まされた末に待ち合わせ場所には相手が来ないということがよくある。

 

そういった考えるがある一方出会いを量産している人もいます。
前者の人と後者の人ではどのような違いがあるのでしょうか?
ここではそのような男性との違いを模索していきましょう。

 

サイト選びの違い

 

サイトによって出会えるバラつきがあるようです。
皆さんはどのような形でワクワクメールを選んだか分かりませんが、ワクワクメールは出会えるサイトです。
なので、このサイトに訪れている人は、少なくともサイト選びには成功しているといえます。
女性も本当に出会いたいのであれば、ます広報に力を入れているサイトを選んで登録することでしょう。
出会い系サイトの利用に女性は無料で利用できます。
男性会員が無料というサイトは男性しか特をしないので、女性は集まりにくいのです。
このサイト選びを間違えると他が全て満点でも出会えない可能性もあるので注意が必要です。

 

プロフィールを押さえ方の違い

 

プロフィールを記入する際に気をつけなければならないことは、それを見た女性が安心できるような内容を書くということです。
女性側とすれば、遊び心で男性がこのサイトに登録しているのではないかという心配は常に持っていますので、その心配や不安を取り除いてあげるようなプロフィールを書きましょう。
(誠実をアピールする事が成功への近道です)
人柄に関するキーワードとしては「まじめ」「さわやか」「スポーツマン」という清潔感をイメージさせるようなものをちりばめましょう。
また、相手の女性は、男性の職業や経済的なことも気になります。
「安定性のある職業だろうか?」、「もしかしたら無職でふらふら遊び歩いているのではないかとか?」などの点を女性は気にしますので、安心できる勤め先であれば書いてもいいと思います。
実際、職業だけでも女性への返信確率が大きく異なります。
私は以前会計士をやっていたので、試しに「公認会計士」にしたところ多くの女性ぁらメールを頂きました。

 

特に公務員や医者などは強いです。
「無職」や「フリータ」でも戦える可能性はありますが、就職する気があり、ポイントを消費したくなければ「会社員」などにした方が無難です。
言い方を変えてみるのも良いでしょう。

 

無職→フリーエージェント
など。

 

後は、社会人として経済観念をしっかり持っている点をアピールして下さい。

 

出会えていない人はプロフィールを押さえ方を間違えており、下ネタにいっている傾向があります。

 

趣味の概要

趣味や車の所有で経済力をアピールできます。
なぜか、出会い系サイトの10代〜20代前半の女子は車を所有しているだけでも食い付きが上がります。
自分を車に乗せてどこへでも連れて行ってくれる男性に惹かれるようです。
なので、若い女性を狙っている男性で車を所有している方がいればプロフィールに記載しましょう。

 

趣味が思いつかない場合料理がオススメ

 

読書がすきでないのに読書と書くのは厳禁です。
そんな嘘をつくぐらいなら料理にしましょう。
男性が料理好きで、自分で何でもできる点をアピールしておくとポイントは高いと思います。

 

 

女性にアプローチ

 

何人かに送れば応じてくれる女性が現れます。
メールでのやりとりが始まったら、相手はあなたの文面から、あなたの人格、行動パターン、物の考え方など全ての感覚を研ぎ澄ませて推測してきます。
縁があり、メールによるやりとりに移行したら、くれぐれも気をつけていただきたいのは、絶対に傲慢な文章にしないことです。
自信過剰になったりせず、つとめて謙虚な文章を心がけることが大切です。
そして何か共通点というか意気投合できる面がありそうなら早めに会うための段取りを進めることです。
決して焦る必要はありませんが、相手もダラダラといつまでもメールをしていてもらちがあかないので、どこかのタイミングで次の段階に移行したいと思っているはずです。
機が熟したら「一度お会いしませんか?」と誘ってあげてはいかがでしょうか?
女性の方から誘ってくることももちろんあります。
そういうときは、男性側も優柔不断にならないで即応じてあげましょう。
女性の方もこんなことを積極的に誘っていいのだろうかと葛藤した末に、あなたを誘っているのかも知れませんので、女性に恥をかかせることのないように、男らしく応じてあげるべきです。

 

アポイントメント

 

会う日時と場所が決まったら、お互いの服装や身なりについて伝え合いましょう。
そして万一待ち合わせ場所で見つけられなかった場合のことを考えてあなたの携帯番号を相手に伝えてあげましょう。
このとき、女性の携帯番号は聞かないことです。(※最近は必須ではないようです)
相手も最後の最後まで警戒していますので、男性側の携帯番号のみ相手に知らせて、万一待ち合わせで相手を見つけられない場合は、女性から非通知でかけてもらうよう頼んでおくとよいです。
これだけ女性側に配慮してあげていれば、相手も安心してくれますので、実際に会った後、話が前に進みやすいでしょう。