ワクワクメールのデートマニュアルとルーティン化

デートマニュアルで出会いをルーティン化させる

デートマニュアルで出会いをルーティン化

 

ワクワクメールで知り合った女の子と外で会う関係になったとして、その相手との関係は良好に続いていますか?
始めたばかりの初心者は、

 

せっかくデートに誘えたのにどうやってデートすれば良いの??

 

って頭を抱える男性もいると思います。

 

そんな男性の皆さんに、ワクワクメールで成功できる、デートマニュアルを紹介していきたいと思います。

 

ワクワクメールで難しいのは女の子と出会うまで!

デート内容で悩んでいる人に知ってほしいことがあります。
ワクワクメールで本当に難しいのは女の子とデートの約束を取り付けるまでです。

 

実際、デートに行くまでの方法を書いてある攻略記事もたくさんあります。
なので、デートの内容で悩んでいる人は、ワクワクメールで一番挫折する壁をクリアーしている事になります。

 

出会い系なんかで出会えるかよ!!

 

って嘆いている人達と同じではありません。
ワクワクメールでは成功を収めている側に足を突っ込んでいる状態です!
出会いに困らない生活まであと少しです。
決して、ハードルは高くないので安心してください。

 

女の子と良好な関係にならない&失敗する原因を考える

私もワクワクメールで最初のデートまでは持ちこめても、次に続かないことが多い経験はしました。
何度もメールで押しまくって、デートに成功。

 

デートは無事終了。
2回目のデートはどうしようかーな。
って考えるも、その女性とはそれっきり。

 

そんなことが何度も続きました。
丁度この記事で悩んでいる男性と同じ現象ですね。

 

こんなに継続率が悪いのはなぜだろ!?

 

 

運が悪かっただけ?
その可能性も0%ではありません。

 

けど、

 

自分になにか問題があるか、どこかでやり方が間違っているじゃないだろうか?

 

それで、考えたんです。

 

あんまりいろいろなことが考えてはいけない。
その子に合わせた完璧なオリジナルデートを1から作るのではない。
女の子が喜びそうな、デートルーティン(デートマニュアル)みたいなものをつくって、それでどんどん女の子を試してみようって。

 

それまでは女の子に合わせて、やり方をそのたびに変えてみました。
初デートをディズニーランドにしたこともあるし、女の子の趣味に合わせてサーフィンにいってみたり。

 

どれも、惨敗笑

 

そして、こう決めました。
実は、この方法、私が出会い系サイトで中々上手くいかなかった時に考えた方法です。
女性と出会うまでは行けても次に繋がらない状態が頻繁に続いた私は自分だけのマニュアルを作成しました。

 

基本的にそのマニュアルに沿ってデートするようにしたのです。

 

その結果、今まで一度きりで終わっていたデートが2回目3回目と繋がるようになったのです。
また、2回目も来てくれる女性は自分との相性も良い可能性が高く非常に仲良くなりやすかったのです。

 

ここでは数年前に私が、丁寧にルーティンさせた簡易版を公開したいと思います。
デートが1回で終わる男性は参考にして見て下さい。

 

ワクワクメールで知り合った女性と最初の初デート 

 

初デートはご飯を誘う。
1番無難に誘えて話も出来るのでオススメ。

 

場所は見栄をはることなく、リーズナブルでオシャレに見えるとこ。
たとえば、駅前のちょっとした居酒屋やちょっとこなれた感じのカフェですね。

 

ポイントは、ご飯のやお酒の質ではなくて、雰囲気だという点です。
気に入ったお店は、今後ワクワクメールでデートする時の行きつけの場所としてストックしましょう。

 

そういった行きつけのお店は、出来れば多く確保した方が良いです。
女の子によって店を変えられるように4か所くらいあると安心します。

 

というのも、お店には定休日だってあります。
お店が満席で入れないって事もあるでしょう。

 

その時に慌てて、女の子を連れて何軒も店を探しまわらなければなりません。
あなた自身もテンパりますし、印象も下がってしまう可能性があります。

 

こういった時にもためにも、候補店は用意しましょう。

 

電話番号を訪ねて好意度を確認する

昔は初デート中に必ず携帯電話の番号は聞くようにしていました。
せっかく外で会うまでにこぎつけたんだから、メシまでおごって、なんの収穫もなしじゃだめです。

 

せめて電話番号くらいは知りたいです。
この1回目のデートでは電話番号を聞き出すことが重要です。(事前に入手した場合は省略)
ここのガードが固い子には、自分の電話番号を渡しておきますが、実は初デートで電話番号もくれない女の子は、先の見込みが低いです。
なので、番号も教えてくれないのならば潔く切りましょう。

 

今更、電話番号なんかいらなくね??

 

こう思うのであれば、手を繋いだり、キスしたりあなたなりの収穫を得る努力をしましょう。
肝心なのは番号ではありません。
デートした際に得られる「収穫」です。

 

2回目のデートは映画デート

映画館って、暗いです。
けっこうさわれちゃったりするんですね。

 

へんな意味でなくて、手と手がちょっとさわったりするだけで、親近感がわくみたいです。
2回目のデートは、この先にいけるかどうかを見極めるポイントでもありますね。
ここで、触れない子はちょっと、困難です。

 

3回目は遠出のデートをチョイス

彼女の買い物に付き合うとか、どっか観光地に行くとかですね。
メシをはさんで、6時間くらい一緒にいます。

 

これで、長時間一緒にいても大丈夫な子かどうかを判断します。
6時間も一緒にいると、なんとなく生理的にダメな子って出てくるんです。

 

そういう子とは、たとえその先に深い関係になってもダメなんですね。
これには理由はないんでしょう。

 

単純に生理的に受けつけるか受けつけられないかです。
この段階で、最低キスまでは行きたいです。

 

4回目はゴールを狙う

3回目まできたら、4回目はだいたい会えます。
こっちから連絡を取っても、女の子から断られなくなりますね。
たぶん、相手も3回のデート相手として見ているんですよ。
3回のデートをクリアできたら、最後まで行ける可能性はすっごい高いです。

 

4回目ははじめから、そのつもりで行きます。

 

逆に4回目で何もなければその子はおしまいです。
そのあとどれだけ会っても、絶対にメシより先にいける可能性が低いです。

 

手順を考える事で、マニュアル化させる

このように女性との出会いをマニュアル化させることで機械的に出会いを量産できるようになります。
上記の方法は4回目で決めるルーティンですが、慣れてくれば1〜2回会うだけのルーティンもできると思います。

 

私のやり方が必ずしもこのサイトを見ている皆さんのベストのやり方とは限りませんが、自分が満足行く、自分だけのルーティンを考えてみましょう。
きっと成果が変わってくるはずです。

 

注意する事

これらのデート中も他の女の子にファーストメールをおくったり、プロフのチェックを続けていきましょう。
だって会っている女の子が、いつだめになるかわからないのですから。

 

今回のデートがだめになったら、すぐ次を狙う!!
そういった姿勢が出会いの量産に繋がります。

 

私は常に10人以上の女性とLINE等でやり取りしています。
1回のデートで失敗してもダメージはありません。

 

自分なりのデートマニュアルが完成するまでは、に色々な女性とデートを繰り返しましょう。
デートしていて、反応が良いお店や行動のノウハウを積むことで、精度の高いルーティンが完成します。

 

次回はネットで会う時には何度も経験するドタキャンの対策方法について説明いたします。

 

前⇒ワクワクメールのクラス特典について
次⇒デート時のドタキャンを減らす方法ホテルや自宅などに持っていく技術